058-379-3023
カタログ・サンプル請求

茶室「不震庵」の施工~大阪市立大学~

皆さん、こんにちは。
研究開発室です。

今日、ご紹介するのは、大阪市立大学構内で建設中の「不震庵」です^^

近くにいくと、風にのって、スギの香りがしてきました!!
まわりの校舎が鉄筋コンクリート造なので、まさにこの建物が生み出すスギの香りです。

建築学科の学生さんの実務もかねて、建設中の仮設住宅。

構造躯体は、OBの職人さんが来られて、指導をもらいながら、少しずつ建て方が進んでいます。

これから、屋根や床の施工が始まる段階で、
ここからは、学生さんだけの力で進めるようです^^すごい!

エスウッドはこの仮設住宅の内装に、茶がら配合ボードを使ってもらえる予定になっています。^0^

茶室なだけに、茶がらボードでお茶の香りを堪能できる空間にしたいですね!
ちなみにですが、茶がらを使っても、けっこうなお茶の香りが楽しめます。。。
ここが茶がらボードのすごいところ笑

茶がらは伊藤園さんから試験的にご提供いただいております。
いつもありがとうございます!

2年間の経過観察も兼ねているということで、茶がらボードの開発にとってはテストとはいえ実際に使われるということで非常にグッドタイミングなお話でした。
建物の内装で使われたときに、どういう変化をするのか、とても興味がありますね。

また施工後には、ブログでアップしたいと思います。

というか、不震庵というネーム。
どういう経緯から来たのか、聞くのを忘れてました>0<
揺れない茶室!?んー。

OBと現役大学生でのコラボで作られる、というところがとにかく気持ちいいですね。
(develop)