058-379-3023
カタログ・サンプル請求

中国出張4

 8月6日午後

 やっとメインの工場視察です。

 原料の投入のところから順を追ってみて行きました。説明してくれたのはそこの元工場長でした。

 原料の投入に始まり、粉砕、乾燥、接着剤の塗布、フォーミング、プレスと続く工程は、エスウッドと同じです。

 工場の生産能力が事前の説明では、8時間稼働で50立米とのことでした。

 プレス時間などを質問しながら、このラインの本当の生産能力を推計していました。その結果、8時間稼働で17立米が限界であろうと思われました。

 また、上海の企業が望む品質のボードをこの生産ラインで作るには、大掛かりな改造が必要と判断しました。

 2時間ほどかけて集塵機からボイラーなどのすべての設備を見ました。

 写真は乾燥炉です。

非常に余裕のあるレイアウトでうらやましいかぎりです。

 夕食はローカルのレストランに入りました。ローカルレストランのほうが口に合うようで、どの料理もおいしかったです。

 勧められてアルコール度数52度の紹興酒を飲みました。他にもあるからと言われて、勧められるままに何種類かいただきました。どれも特徴的な味があり、アルコール度数が高い割には飲みやすく非常においしかったです。

 いつの間にか酒が強いということになってしまいました。

 その日は合肥市内のホテルへチェックインしました。

 

 室内で中国語のテレビを見ていてもさっぱり分からず退屈なので、ホテル内にあるマッサージに行ってみました。受付で英語が通じたのでなんとかなりました。英語が通じなければ漢字を並べて、それでも通じなければ最後は絵文字でと思っていました。

 1時間ほどの足マッサージで68元でした。日本円で900円弱ですので安いイメージですが、現地の物価を考えるとずいぶん高額です。

 100元を出し、お釣り32元をマッサージしてくれた人にチップとして渡すと、ものすごい笑顔が返ってきました。