058-379-3023
カタログ・サンプル請求

寒天スイーツ

 家族からのリクエストがあり、この日曜日に甘夏の寒天を作りました。

 このブログでは初めてのスイーツ系の話題です。

 

 用意した甘夏は全部で8個、まずは皮を破らないよう慎重に中身をくり抜きます。これがいちばん大変な作業です。

 くり抜いた中身を濾して、果汁を作っておきます。

もう一方の鍋で寒天を煮詰めます。砂糖を入れ、こちらも濾しておきます。

 温度が50度ぐらいまで下がったところで、さきの果汁と混ぜて甘夏の容器に流し込みます。

 寒天が冷えて固まったら、盛り付けをします。

 甘夏のほろ苦さをを残した大人のスイーツの完成です。

 小学生の子供には、このほろ苦さの良さがわからないようで、砂糖をかけて食べていました。