058-379-3023
カタログ・サンプル請求

それぞれの季節感

この冬は暖冬と聞いていましたが、すでに3度の積雪に見舞われ、寒い日が続いている各務原です。

 さて、写真は会社の前の土手で今日の風景です。大きな桜の木の葉はすべて落ちてしまい枝のみですが、これはこれで趣があります。

 春には一面の桜の花で風景が一変します。そして新緑となり、緑濃くなり、紅葉し、やがて枯れ落ちていきます。

 土手には桜の後に皐月、梅雨時には紫陽花、そして秋には可憐な芙蓉の花が咲きます。

 こうして変わっていく景色や、肌に触れる風の感じなどから季節の移り変わりを感じます。

 また、入学式や七夕飾り、夏祭りなどの季節の行事と相まって、その季節の風景となって強く心の中に残ります。

 

 以前、フィリピンに1年ほど単身赴任していたことがあります。

 フィリピンは一年中夏で、お正月も部屋にクーラーをかけTシャツ1枚で過ごしておりました。

 四季を表す英語があっても、その違いが実感できません。

 現地のワーカーに日本には四季の違いがあり、それぞれに美しい季節感があるという話をしたところ、

「フィリピンにも季節感がある!雨が多くなったから、もう雨季だなーと感じる」

と言っていました。