058-379-3023
カタログ・サンプル請求

上海のお店の内装

おととい、上海で夕食を食べに行ったお店の内装がおもしろかったので写真を撮ってきました!↓

ほぼ満席で繁盛していたのですが、お客さんが帰った合間をみて、写真を撮りました!

ここは決して、日本料理屋さんではなく、安徽省の料理を専門にするお店です。安徽料理というのもとても珍しいです。

最近では、こういった内装のお店も増えてきているようで、どことなく日本のような、けれど中国の田舎の雰囲気も残っているような印象を受けました。

壁は格子状にデザインされ、日本の障子のような感じです。天井や腰壁は竹で作られており、うちのいぐさボードも十分フィットするように思えました。

中国のひとが、こういった落ち着いた雰囲気のデザインを好むようになると、いぐさボードの中国展開もますますいいかなと思います^^

お店の場所は、繁華街で有名な南京東路の北側、四川中路のあたりだったと思います。(うるおぼえです・・・)店員さんの声がすごく大きいので、店の前を通れば、すぐわかります。店のなかではうるさいくらいですが・・・><上海に行かれたときはぜひ。

(develop)