058-379-3023
カタログ・サンプル請求

6月:宝ヶ池再訪

まだ周囲に雪の残っていた1月の訪問時とは打って変わり、梅雨入り直後の宝ヶ池はじっとりと蒸し暑く、どこまでも曇天でした。比叡山も、靄のかなたにぼんやりと浮かぶばかりです。

それでも、雀たちは路で戯れ、亀が杭の上で甲羅を干し、野草が懸命に花を咲かせていました。生き物たちとともにあることのありがたさで、心がなごみ、体がほぐされます。

運がよければ、また近いうちにこの場所を訪ねることができるでしょう。その時、宝ヶ池がどんな表情をみせてくれるのか、とても楽しみです。 (角田 記)